Intro講演・配信者紹介

まうやま先生・知久さん・はなちゃんの「ツノゼミ談義」


ツノゼミに魅了された3人にきく、ツノゼミの魅力

昆虫研究者・丸山宗利さん、ミュージシャン・知久寿焼さん、陶芸家・奥村巴菜さん。

全然違う職業のこの3人、みんなツノゼミが大好き。一緒に採集旅行にも出かけることもあるそうです。

(その採集旅行の顛末は、丸山さんの著書「昆虫こわい」に登場します)

そんな3人に、ツノゼミってどんな生きもの?好きなツノゼミは?など、ツノゼミにまつわるアレコレをお話していただこうと(オンライン上で)集まっていただきました。

今回は、丸山先生と知久さんが著者に名を連ねる絵本「ふしぎないきものツノゼミ」に沿ってお話していただいています。ぜひ絵本をお手元にご用意の上ご参加ください!

貴重な生態写真たっぷり、大人も子どもも楽しめるこの絵本、みなさんぜひ手元にご用意のうえ、ご視聴ください!

◯配信日:11月14日(土)〜23日(月・祝)

いえもにあ期間中はいつでも、何度でもご視聴いただけます。

◯参加費:無料

◯配信終了いたしました!たくさんのご視聴ありがとうございました。


丸山宗利

九州大学総合研究博物館准教授。専門は昆虫。特に、アリと共生する昆虫の多様性解明と、系統進化を専門にしている。昆虫の普及活動にも力を入れており、著書多数。

最近は「驚異の標本箱」(KADOKAWA)が出版された。近々ビワハゴロモの本も出るという噂。

ブログ→https://dantyutei.hatenablog.com/ Twitter→@dantyutei

 

知久寿焼

ギター、ウクレレ弾き語りで活動する音楽家、兼、ツノゼミ研究家。1980年代~2000年代にかけてはバンド「たま」の一員として活動をされ、現在は14人編成のバンド「パスカルズ」のメンバーとして、ウクレレや歌を担当。最近は「知久寿焼ちんどん楽団」でライブ活動多数。

今年5月に「macaroomと知久寿焼」でアルバム「kodomono odoriko」リリース。

Webサイト→ http://www.officek.jp/chiku/ Twitter→@chikushoukai

 

奥村巴菜

2013年、女子美術大学大学員美術研究科修了。2012年の個展「陶虫集合!奥村巴菜展」より“陶虫(とうむし)”というコンセプトを掲げて、昆虫を陶器で表現する作品を発表し続けている。

Webサイト→http://www.hana-o.jp/ Twitter→@Okumushi_hana

SHARE
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア